引っ越しをしたところ、家賃は殆ど変わらないのにめちゃくちゃ広くなり、設備も最新のものになってて全然落ち着かない。築浅はやっぱり窓の密閉度が違うし、締めるとシュポンッていう。
前の家が、昼夜問わず車が走り抜けていくと場所で、尋常じゃないくらい煩かったので、それと比べるとめちゃくちゃ静かになったんですが、今度は逆に耳が痛いくらい静かで時計の針が煩く感じるという贅沢病。

学生の頃から住んでいた土地を離れ、全く土地勘がないところに引っ越したもんだから、出歩くのも怖い。家でやることと言ったらネットですが、手続きが遅くなってしまったため、暫く家でネットをするにはテザリングをするしかない。恐らく初の通信制限を体験できるかもしれない。

事務所の引っ越しも足して数えてみると、既に8回度目の引っ越しである。しかも大学在学中が最初の引っ越しだったので、結構な頻度だ。風呂なし六畳一間が懐かしい。作業場としてまた借りてみたいと思っている。