« 前のページへ戻る

京都チンク会に初参加した

投稿日:2021/12/26 更新日:2021/12/26
京都チンク会

FIAT 500 % (オートマイスター) – 12月6日は京都チンク会!!

12月6日のこと。
お世話になっているオートマイスターさん主催のイベント、京都チンク会があるとのことで、行くかどうかかなり悩んだ。

というのも旧車イベントには見に行くことはあっても、自分の車で参加した経験はなく、どんな雰囲気なのか全くわからなかったからだ。特に車に詳しいわけでも、特別チンクへの愛が強いわけでもない(と思っている)ので、他の参加者と何を話せば良いんだろうか。まさか最初から最後まで車の事だけが話題なわけもないだろうけど、年齢層も多分上の人が多いだろうし、普段あまり人と接点のない生活なので、知らない人といきなり話す事自体がハードルが高い。因みに家からはかなり近いので、悩みの種は心理的ハードルのみである。

参加してみようかなと思ったキッカケは、ツイッターでフォローしているSさんも遥々関東からも参加するようで、実際にお会いしてみたいと思ったから。毎年やっているイベントなので、誰か雰囲気をブログとかに書いてないかと調べてみたが、意外と情報が少なくて雰囲気が掴めない。ついでにその日、妻は仕事なので一人で参加するしかなく心細い。

一体イベントで集まって何が行われているのだろうか…。そんな感じで無駄にイベント前夜に頭を悩ませて参加するかどうか悩みながら眠りについた。う〜んどうしよう…zzz。

そして当日。散々悩んだ挙げ句、どうせなら行った方が人生楽しいだろう、と思ったので思い切って行ってみることにした。汚いチンクを掃除してから出発。途中帰宅する何台かのチンクとすれ違った。イベントは15時解散だけど14時頃に現到到着したのでギリギリである。

が、Sさんは既に出発されたようでお会いできず。マイスター以外は全く知らない方々の中に飛び込んだ形となってしまった。周りを見渡すとグループで話していたり、一人でボーッとしていたりと自由な感じ、なのか?とりあえず会場の様子を伺おうと思って、他の方の車を見てまわったものの、特に誰かから話しかけられることはなく、一通り見てまわってしまった。終了間近ということで、会場内の台数が少なくて直ぐに見て回れてしまったのが悔やまれる。もう1人でやることがない。つまり…これは自分からいかないといけない奴ですね…?

とはいえ、いきなりグループの中に飛び込む勇気はなかったので、一人でいたオジサンに話しかけてみたところ、普通に楽しくお話ができたので正直かなりホッとした。主にチンクの困りごととかで特段マニアックな話はしていない。

しばしの談笑後、またブラブラしていたら今度は話しかけてもらえた。聞くと今年チンクを購入した方だった。チンク話もそこそこに、SNSの交換なんかしちゃって、自分にも社交性がある事がわかって少し安心した。車中泊して登山に行った事を話したところ、その方も登山をしているようで、いつの間にか話は登山のことばかり話していた。

そろそろお開きの時間になってきたので、パラパラと皆さんが帰っていく中、マイスターを呼び止めて雪道走行や防錆について色々相談した。その際、一緒にマイスターの話を聞いていた方が、最近、百名山の剣山に登るようになって登山楽しいと言っていたので、その流れでまた登山の話で盛り上がってしまった。

まさかチンクのイベントで登山の話をメインでするとは思っていなかったけど、勇気を出して話しかけてみると、普通に楽しく話ができて楽しかった。チンクが集まる口実なだけで、各々雑談しているだけなのだ、と解釈した。最初に話しかける勇気は必要だけど、今回楽しかったのでもっと色々なイベントにも参加してみたいなと思った。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

書いたヒト 馬上から失礼します