« 前のページへ戻る

車中泊して近畿最高峰の八経ヶ岳に登った

投稿日:2021/11/02 更新日:2021/11/02

#PHOTOS
この記事で使用されている写真は個人、法人、商用、非商用問わず無料でご利用いただけます。
ただし著作権は放棄しておりません。また素材を利用したことで発生したトラブルについては一切責任を負いかねます。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

10月9日~10日のこと。
奈良県、大峰山脈最高峰の八経ヶ岳に登った。

以前から作成していた車中泊のベッドが完成したのと、冬期は八経ヶ岳への道が封鎖されてしまうため(別の長いルートなら冬でも行ける)、天候が悪そうだけど登ることにした。

本当は金曜日に出発しようと思っていたのだけど、単純に準備が遅くなってしまって断念し9日土曜の夜に出発した。車中泊の緊張からか、頭がちょっとボーッとしていたり、ガソリンを入れるのを忘れて高速を降りたり、自分でも大丈夫かな?と思うほどだった。もう少しで車中泊の目的地である道の駅 吉野路黒滝まで後少しの道は外灯のない山道で、ヘッドライトを点けないと真っ暗で後続車も対向車も殆どなくてかなり心細かった。ここで止まったら嫌いになるぞ!とチンク(車)に念じながら走ってなんとか到着。

到着した時点でもう0時で、他の車中泊している車も沢山泊まっていたが、もう寝静まっている雰囲気だったので、あまり音をたてないように気を使いながら車中泊の準備をした。外はかなーり寒い。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

早く寝ないと!と少しパニクっていたのと、音をたてないように気にしてなぜか半ドアのまま寝た。寝袋は持ってきておらず、薄手の掛け布団のみで、なんならキャンバストップを開けて涼みながら寝ようと考えていたが甘かった。最初はエンジンの熱が伝わって車内は暑いくらいだったのだけど次第に冷えて、とにかく寒くて寒くて持ってきた服を全部着てレインジャケットも着て寝ることになった。それでも寒かったけど、何度か目を覚ましながら朝を迎えた。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

6時前に起床。むちゃくちゃ眠くて身体も怠い。つい6時間以上掛かる山行に耐えられるのか?とネガティブ思考になってしまうが、とりあえず身支度をしてご飯を食べながら考えることにした。いつも出発前はこんな感じでテンションが底辺になることが多いけど、いざ登山口に到着すれば楽しくなる。自分への対処法も少しずつ慣れてきた。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

ハイエースなど大きい車が並んでいる中、脇の方にひっそりと銀シート貼りのチンク。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

冷気と目隠しの銀シートはリアウィンドウの分が足りておらず、適当な布をマスキングテープで張っていたが、すぐ取れてしまった。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

銀シートはダイソーのペラペラのもの。サイズも適当にカットしていたので、もうぐっちゃぐちゃの車内。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

朝飯。もう少し時間に余裕を持って起きて、温かいお茶でも入れれば良かった。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

天気?めちゃくちゃ悪そう。でもご飯を食べて着替えている内に次第に身体も起きてきて、気分も前向きになったので、登山口に向けて出発。ここから30-40分ほどの位置にある行者還トンネル西口の駐車場が登山口である。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

車を進めると周りの山が高くなってきたが、山頂は雲で覆われていて見えない。多分展望は望めないだろうけど、それはそれで良い。川が本当に綺麗で渓流釣りが盛んで、釣り人の合間をぬって走る。道はかなり狭い。ナビがあと10kmから全然進まないなと思ったら圏外になっていた。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

8時30分に駐車場に到着。起きるのが遅かったが、ギリギリ駐車できた。急いで準備する。結構山行時間が長いのでストックありで行く。

空気はキンキンとまではいかないけど冷えていて緑の匂いがする。この感じが好きなんだよな。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

登山届を提出して出発。ソロで登る時は登山開始と下山時にいつも妻に連絡を入れるけど、圏外なので入れたくても入れられないので、いつもより慎重に行かねばならない。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

暫く平坦な道を進むと橋があり、ここから本格的に登ることになる。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

暫く急な登りの樹林帯が続く。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

登り切ると少し開けた稜線?に出る。紅葉が始まっていて綺麗だった。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

弁天の森あたりは本当に平坦だったが、道が広いのもあって明確なトレースがない。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

この像を過ぎたあたりからまた登りになる。心細くない程度に人はいて歩きやすかった。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

ガスってきた。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

鹿ではなさそうななにかの糞。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

11時ごろに八経ヶ岳手前の弥山小屋に到着。小屋で宿泊もできるしテント泊もできる。登り始めくらいにテントを背負って降りてくる人たち何名かとすれ違ったけど、ここでテント泊は気持ちいいだろうな。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

この看板横の鳥居の奥へ進んでみると社があった。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

無事帰れるようお参りをした。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

展望?ないですよ笑

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

弥山小屋まで戻り、そこから別れている八経ヶ岳への道を進む。弥山小屋の前で昼食にしている人が多く、僕も腹が減っていたが早く山頂を見てみたかった。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

八経ヶ岳といえばこの立ち枯れ。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

弥山から一度高度を落としてからからまた登る。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

去年から思いを馳せていた近畿最高峰、八経ヶ岳の山頂に到着!雲があんな位置にあるー!

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

写真を撮った瞬間、完全にガスってしまった。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

何も見えないですよ笑

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った 車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

ほんの一瞬の切れ間。結構な高度感。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

晴れ間が出ることを期待して山頂でご飯にする。今日もラーメンである。しかしあろうことか、食べている最中に小雨が降ってきたので、急いでかき込んで雨具を着て弥山小屋まで戻った。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

弥山小屋まで戻ると晴れた笑

この時点で13時前。下山も3時間くらいかかるので、トイレを済まして下山開始。下山中、また雨が強くなってきてザーザー降りになった。雨の中を歩くのは殆ど経験がなかったので、新鮮でなんなら楽しかった。

もう少しで登山口だというところで、救急車のサイレンの音が聞こえてきて、まさかこの山じゃないよな〜?でも他に救急車が行くようなところもないよな…なんて思いながら下っていると、エマージェンシーブランケットで庇を作っている男性2人がいた。何かと思ったらその中で女性が寝ているようで、何か怪我でもしている模様。男性の呼びかけに女性の声はハッキリしていたのと見守っている男性2人が落ち着いてしゃがんでいたので、あんまり野次馬っぽくなるのもアレかなと思って素通りした。

とはいえ、やっぱり一声掛けるべきだったよな…と反省しながら下った。なんでもそうなんだけど、咄嗟のことになるとこっちも一瞬パニクってしまって行動に移せなくなる。こういうところは本当に治したい。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

その後すぐに4,5名ほどの山岳救助隊が登ってきた。装備的にまずは様子を見に行く隊のようだった。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

登山道が始まる最初の橋のところまで戻ると、今度はソリ?を持った救助隊3名ほどとすれ違った。最後に登山ポスト手前で6名ほどの隊員とすれ違い、下山が完了した時には多くの消防車両が止まっていた。

「下山中にすれ違わなくてよかった〜。すれ違ってたら放っておけへんもんな」駐車場で帰り支度をしている女性が言っていた言葉。放っておいてしまった自分に突き刺さる。。どうか命に別状はないのを願うばかり。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

ザーザー降りだけど記念撮影を忘れない。駐車場の管理棟で記念バッヂを3つ購入して出発。ズボンは多少雨を弾くので、雨具のズボンを履いてなかったせいで、ズボンはずぶ濡れになってしまった。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

周りを流れる川が本当に綺麗だった。先日テレビで、この天川村周辺でバーベキュー禁止の看板を建てていても無視して決行する人が耐えなくて困っているとの特集をやっていた。しかもこんなに綺麗な場所にゴミを捨てていくそうで、ただただ腹がたっただけのニュースだったのを覚えている。

鍾乳洞などもあるようで、登山でなくても楽しそうなところだった。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

汗を流しに天の川温泉へ。ずっと天川村は「アマカワムラ」だと思っていたが「テンカワムラ」だった。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

いい湯だった。さて、京都に帰ろう。

車中泊して奈良県の八経ヶ岳に登った

もう腹が減って狂いそう!っと思って道沿いにあった台湾料理へピットイン。しかし丁度妻から「料理を作ってたのに…」との連絡が入ったので、台湾料理は諦めてコンビニの肉まんで腹を繋いで帰った。その日はお好み焼きだった。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

書いたヒト 馬上から失礼します