« 前のページへ戻る

ヘルメットとシールドの傷を磨いたら綺麗になった

投稿日:2021/06/30 更新日:2021/06/30
ヘルメット

6月27日のこと。

使っているヘルメットはバイクの黒い籠に放り込んでいるからか、めちゃくちゃ傷が入っていしまっている。まだ新品で購入して3,4年くらいだというのに。磨けばどうにかならないかなと思って調べてみると、コンパウンドで磨けばOKとある。

ヘルメット

ヘルメットのシールドも傷だらけで、運転していると傷のせいで視界がボヤケて焦点が合いにくい。なので、どちらかと言えばヘルメットよりこっちの傷の修復がメイン。透明だけどコンパウンドで上手くいくだろうか。

ヘルメット

とりあえずヘルメットの汚れを落とそうと、アルコールを吹きかけて使い捨ての布巾で磨いてみたところ、殆どの傷が落ちてしまった。傷というか籠との擦れた汚れだったようだ。アルコールで落ちないところまで磨いてから、変色した古いピカールで磨いたところ、写真のようにピカピカになった。完全に凹凸ができてしまっている傷はどうにもならないけど。

ヘルメット

シールドも同じ様にアルコールで磨いた後、ピカールで磨いたら深い傷以外は綺麗に落とすことができた。こちらも擦れただけだったようだ。ピカールで磨くと研磨することになるので、多少曇るかなと予想してたが、視界も良好。仕上げにヘルメットとシールドにワコーズのバリアスコートでガラスコーティングをしてものの20分程で作業完了。こんな簡単に綺麗になると思わなかった。


Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

書いたヒト 馬上から失礼します