« 前のページへ戻る

Dropboxを完全にバックアップ用途の運用方針に変えたけど

投稿日:2021/06/28 更新日:2021/06/28
Dropbox

Dropboxはもう使用し始めて10年ほどになる。まだGoogle DriveやiCloudが本格的に使用できる状態になる前で、データ同期はDropbox一択の時代だったと思う。徐々にDropboxは自宅と職場のデスクトップ同期の用途となり、NASを使い始めた頃からバックアップ用途として使用することになった。Adobe XDの登場によって重いイラレのデータをDropboxで管理しなくても良くなった。

WindowsもAndroidも使ってないので、デスクトップはiCloudで同期するようにし、Dropboxは完全にNASのバックアップとしてのみ使うことにした。そしてiCloudのデスクトップに乗り換えて1ヶ月ほど経ったが、iCloudの同期のタイミングが遅く、PCをスープ解除した際は同期されていない事が多い。そういう時は何か適当な新規フォルダを作成して削除してやると、同期が開始される。凄く手間ではあるし、同期がずっと止まっているのかもう何週間も「待機中」のフォルダが幾つかあるので気持ち悪い。Dropboxのようなサービスが増えてきて、まともに使用できると思って乗り換えたらこれだ。まあアカウントをログインし直せばその内直るでしょう。やはりこの手のサービスではDropboxがダントツで安定しているように思う。Google DriveはUIが苦手なので最初から候補外。

関連記事:ようやくNASの構成が決まった

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

書いたヒト 馬上から失礼します