日曜日、神田松之丞の独演会に行ってきました。講談を見るのは2回目。問わず語りを聞いているので、講談ファンというよりはラジオリスナー。演目は2つ目の『満了婿』がわかりやすくて面白かったですが、以前大阪で見た時の『扇の的』はもっと面白かったです。

終演後、なんと物販に松之丞氏が降臨し、本を購入した人にサインを書いている!これは!買うしかない!!!!!講談入門!くださああああああああい!!!

が、すぐに完売してしまい叶いませんでした(ブレブレの写真は撮れました)。
少し道草してからホールの前に戻ると、丁度松之丞さんが帰られるところで、タクシーに乗られていました。走り去るタクシーからも会釈してくださり、なんていい人なんだろうか、と感動していたところ、スタッフの方が慌ててタクシーに駆け寄り、松之丞さんの忘れ物の正座椅子を届けるという一幕もあり、可愛いところもある人なんだなと思いました。しかし、ラジオも講談もサイン書いてる時もキャラが違うので、普段どんな感じの人なんだろう。

有名人に会った時に突撃できる人とできない人がいて、私は旅先でない限りできないタイプ。旅先では、なんかフ折角来たし感でいけるんですが、ファンです握手してください!ってのが、なかなかできない。というかやってもいいのだろうかと思ってしまう。求めちゃっていいんですか?なんて考えてたら、今朝は伊集院光氏と一緒に写真を撮ってもらう夢を見た。

その後、和菓子を出すカフェで飲んだ珈琲が凄くまずかったですが、いい休日でした。