足の裏にできた魚の目にウオノメコロリを貼っても全然治らず、結局3,4年放置していたら、カチカチなクレーター状になってしまった。
手の指先で、ささくれができる部分がカチカチになっている指、なんか膨らんでる指が計4本。カチカチになった部分は爪切りで切っていたけど、なんかまた元の大きさになっていた。流石に変だよねって思って調べてみたら、魚の目じゃなくてイボっぽい。確かに風呂に入っている際、皮膚が少しふやけて、なんか芯のようなものが患部に見られていた。液体窒素で凍傷にさせて焼くと書かれていて結構痛いらしいので、やだなーっと思いつつも皮膚科に行った。

先生に患部を見せると、あーウィルス性のイボだねとのこと。どうやら足の裏に出来たイボを、指で触っていたら指に移ったらしい。イボってこぶとり爺さんみたいに膨れてるイメージだったけど違った。液体窒素で焼いて終わりかなと思っていたら、足の裏とかは皮膚が固いから、スピール膏で柔らかくしよっか、ということで1週間スピール膏を貼り付ける事になった。手先に四箇所、足裏一箇所。バレーボール選手のようである。

貼ったところは2,3日に一度貼り替えでめくる。今朝、最後の貼り直しをしたのですが、固かった皮がボロっとめくれてキモかった。まだマシだった患部だけ、前回のめくりの時点でなんか黒っぽくなっていたんですが、今朝みると、なんかトゲトゲした黒いものが皮に内包されているのが確認できた。触っても痛くなかったので、皮をめくっていくと、ウィルス!って感じのトゲトゲした超小さい松ぼっくりみたいなのが出てきてポロッと取れた。これが本体か…。しかし取れた部分も、まだトゲの芯みたいなのが残っているっぽい。一番重症なのが、足の裏と中指。めちゃくちゃ皮がめくれた上に、割と痛いのですが、穿っても本体が見えない。これは無事治るのか?明日ようやく二度目の病院です。

市販薬で治らなければ早めに病院に行った方が良いですね。高い健康保険料払ってるんだから。