先日のペーパーレス化以降、脳みそが大掃除モードになってしまい仕事どころではない。もっと掃除するぞと思って、転がっているHDD郡を漁っていたら死んでいるHDDとSSDを発見。

SSDの方は、中古で買ったPCに搭載されていて暫くそのまま使用していたのだが、なんの前触れもなく頻繁に電源が落ちるようになり、Onyxで掃除しても駄目、メモリを交換しても駄目、SSDを入れ替えたらやっと直ったという事があった。

こんな事があったのに、故障は勘違いかもしれないし、もしかしたらまだ使えるかもしれない、と思って残してしまっていた。ジャンク品とかポンコツ仕様なのってかっこいいと思うので、こういう類のものを破棄するのは忍びないが、これから組むPCやバックアップ用には使えるかと言われれば、やっぱり無理だ。一応電気が通って動くっちゃ動くけど、こんな不安定なものに任せられる場所などないとハッキリしているのだ。

捨 て よ う !

早速解体していく。解体したことはないが、ドリル優子の件で最終的にドリルで破壊すれば良いことは知っている。政治ニュースもたまにはITに役に立つ。因みにMr.Robotで見た電子レンジでチン!方式は最後まで破壊できない事があるらしい。


HDDのネジは、ネジ穴が潰されているとずっと思いこんでいたのだが、Youtubeで確認してみるとドライバーで回している模様。Mac miniを解体した時と同じドライバーで開けることができた。シールの下に隠れているのがあるので注意深く探そう。


開いた。ピッカピカ。


バラした。丸いのでお医者さんごっこができるな、と思ったが最近のお医者さんは丸いのしてないような気がする。


次にSSDを開ける。こちらは簡単に開いた。


これだけ?っていう内容量。スマホの容量を考えると最新のものはもっと小さいのだろう。


SSDのチップっぽい部分を電動ドリルの金属刃で貫通させ、HDDの方はなるべくヒステリックな模様になるよう傷をつけ、そして曲げた。ここまでやれば修復は流石に不可能だろう。。これでドリルxxを名乗ることができるようになったので是非呼んでほしい。

(∵)<ドリル~