と、言うわけで1週間ほど休業したわけですが、その判断に至るまでに既に欠席者がいたため、仕事のカバーをしたりで忙しい5月だった。何かあってからでは遅いし、ちょっと敏感すぎるくらいで良いよねっと社内で話し合っての判断だった。しかし休業中にも発送しないといけなかったので、結局私と数人は休業中の数日間は出勤していた。なるべく制作を前倒して少人数で作業して、作業が終わればすぐ解散としたが、終始みんな協力的でとても助かった。全員検温後の出勤として、疑いの合った従業員と接触した14日後を過ぎて誰も症状はなかったので、一旦社内が原因のコロナ疑惑はなくなりホッとした。結局、症状が軽いとのことでPRC検査は受けさせてもらえなかったようで、コロナウイルス感染症だったのかは今となって不明である。

ケーキ
休業日の半分くらいは私も自宅で待機しながら、納期に関する問い合わせのみ返答し他の作業を進めていたので、結局平日とあまり変わりはなかった。元々家でも仕事はしていたけれど、最近は気が向いたら在宅勤務にしたりしてたので、仕事とプライベートがとても曖昧になり集中力に欠けていた時期に今回の一件。GWもあったし全然メリハリがない5月だった。

会社の再開後は滞りなく心配していた注文も元に戻りだして安心した。しかし休業中に時間のかかる仕事を済ませて現在やや燃え尽き気味。いや、5月病か?

« 前のページへ戻る