« 前のページへ戻る

ライブ

投稿日:2019/12/06 更新日:2020/08/25

久しぶりにUくんと飲みに行った。近状報告もそこそこに、話はバンドの話や知人の話になった。

自分が仕事を始めて忙しくなってくると次第にバンドをしなくなっていき、自分の中でバンドはもうモラトリアムと化した位置づけになっていたのだけど、今も続けているUくんの話を聞いていると、勝手に終わらしたのは僕なだけであって、ずっと続けている人たちは当然そんな感じじゃなくて現在進行系なわけで、やっていない自分が悔しくなった。もともとバンドやる時間がほしいと思って会社が始まったはずなのに、いつの間にか忙しくなって、それどころじゃなくなってという自分への言い訳が何年か続いているのである。なので「悔しくなった」というより、薄々気づいていたが気がつかないようにしていた感じ。

更に大学時代の知人の話を聞くと、数名の後輩が結構有名になっていたりでビックリした。結局のところ、みんなずっと目標を持って続けているだけなのだ。

created by Rinker
Free Porcupine
¥1,688 (2020/10/23 06:29:02時点 Amazon調べ-詳細)
書いたヒト 馬上から失礼します