以前やっていたバンドのメンバーと年末に飲むことがあって、色々話している内に、久しぶりにちゃんとギターを練習しようと思い立って正月からコピーを始めた。フレーズ単位では耳コピしたりしていたけれど、今まで1曲まるまるコピーなんてほぼやっていなかったので不安なスタート。

近頃、趣味にしても仕事にしても思うのが、インプットすることの大切さ。いまの自分の技術で作れるものは、既に天井が見えているように感じる。そもそもバンドをやっていた頃から技術不足は明らかで、よくバンドとして成り立ってたなと思うくらいだった。幅を広げる為にはインプット、つまり修練が必要なのである。

教則本は以前もたまにやっていたが、総じてつまらなかったし特に弾けるようになりたいフレーズもなかった。そのためか達成感も全く無く、自分は教則本は続けられなかった。やっぱりなんでも興味を持てるものの方が良いと思う。

今回、課題曲として選んだのは某インディーバンドの曲で、えらく展開の多い曲である。最初は耳コピに励んでいたものの、案の定、途方に暮れてしまった。

ここまではいつも通りだが、今回はなんとかできないか色々調べてみた結果、Youtubeの「弾いてみた」系で動画をアップしている人を発見し、動画もろともLogicへ取り込み、再生速度を限界まで落として動画を見ながらコピーした。そう、カンニングである。

カンニングしたところで、タッピングのコピーは結構難しい。仕事が終わってからやり始めるので一度にできる集中力も短く、何日か連続でギターに触れない事もあった。1曲だけをやっているので、途中何度か飽きてしまいそうになったが、ピークを過ぎると飽きとかそういう次元ではなくなった。1時間やって1フレーズ(2秒)とかの日もあった。とにかくフレーズが多すぎて早すぎると同時に、カンニング無しでコピーしたYoutubeの「弾いてみた」の人は凄いなと思う。

そんな感じではあったが、正月からシコシコと始めて丸3ヶ月目の4月6日。遂に手書きのタブ譜が完成した(弾けるとは言っていない)。ようやくスタートラインに立ったのだ。えらく時間がかかったが、はじめた頃よりは進んでる。

押さえる所がわかったので、後は弾けるようになるだけである。ひとまず-35%のテンポを目標に通しで弾けるようにしていくと同時に、自作のフレーズも書き溜めて行きたいところ。生き急いでいこう。