会社にFAXを置いていると、FAX番号を公開していなくても結構な頻度で迷惑FAXが送られてきます。迷惑FAXで見て「あ、マイクロバス借りよ」とか「おっ、この店で忘年会しよ」なんてならないし、送信者に対してマイナスイメージしか抱かないと思うんですが、実際FAXを見て連絡〜成約することがあるから送られてくるんですよね、多分。FAX番号自体を廃止しようにも、迷惑FAX以外で受信することはなくても、送信する事がたまにあるので、まだ日本のビジネスシーンではFAX完全廃止は非現実的です。

FAXは印刷してみないと、必要なFAXなのかただの迷惑FAXなのかわかりません。つまり強制的にゴミを製造させられることとなり、頑張って働いて買ったコピー用紙がどんどん無駄になるのです。どうしたもんかなと思って数年前に導入したaFAX、これがめちゃくちゃいいのです。正直なんでもっと話題にならないのか不思議です。

aFax公式サイト
かんたんに説明すると、aFAXを電話線に繋いでおくと、FAXはすべてaFAXが受信してそれを予め設定しておいたメールアドレスにPDFを送信してくれるのです。受信FAX自体もすべてデータ化できるので場所も取らずに保管でき、いくら迷惑FAXがこようとも紙も無駄になりません。紙で残したかったらそのままプリンターで印刷すれば良し。しかし送信はできないので、今使用しているFAXは送信専用として繋いでおく必要があります。

結構良くないですか?迷惑FAXでお困りの方は是非試してみてください。幸せになれますよ!因みに弊社のaFAXは、引越し時の配線で誤ったアダプターを差し込んで過電圧で死んでしまいましたが、修理してもらって今は元気に動いています😂